採用情報

みどり幼稚園で働くということ

一日の生活イメージ

 私たちが、こどもたちにしてあげられること、
それはまず、職員同士(保育士も、栄養士も、調理師も、事務職も、管理職も、みんなが)が互いに信頼し、支え合える集団であることです。
そして何よりもあなた自身が輝いていることです。本園の子どもたちの目が輝いているのは、本園で働く先生たちが輝いているからなのです。
 そのためにはまず、自分に与えられた分掌には責任を持ち、教師同士はもちろん、教師と保護者とが肩を並べて歩幅を揃え、 互いに肩ひじを張らず、互いに歩み寄える関係を築く努力をすること。(そのためにはまず職員の方から保護者の思いを汲み取る努力をすること。)日々の保育では誠実に子どもたちと向かい合うことです。
 失敗は2度しなければ良いのです。それよりも失敗など恐れず、まだ見ぬ我が子のために、我が子につながるみんなのために、あなたの保育にかける情熱をすべての子どもたちに注いであげて下さい。
 職場は人生の大半の時間を過ごすあなたの第2のホームグラウンドです。
 何よりもご自身のために、そして本園に係る全ての人たちと子どもたちの輝く未来のために、共に汗を流しましょう。
 仲間を信じて、みどりの保育を通じて、子どもたちの成長を肌に感じ、やりがいと喜びをともに経験していきましょう。


採用情報

新卒、途中採用は男女ともにOKです。経験者優遇制度もあります。★職場は人生の大半を過ごす場所です。互いに助け助けられる、暖かい集団(チーム)を目指しております。★明るく元気で、誠実で、責任感が強く、保育に対する情熱をお持ちの方、お待ちしております。

令和元年度正規職員に関する給与・賞与等に関する詳しい情報は各大学・専門学校掲示の求人票をご確認ください。本年度は令和元年6月に送付。

採用人員・採用条件

❶保育士2名:正規採用

❷子育て支援員(栄養士)1名:契約社員(正規採用登用制度有)

採用条件:本年度開催の本市子育て支援員講習に出席し資格を取得下さる方。(本講習に参加せず資格を取得できなかった場合は内定取消となります。)尚内定後、毎年4月と10月に開催の保育士国家試験を受験し3年以内に保育士証を取得下さる方。保育士試験合格の翌年度より正規採用とします。

❸栄養士・調理師パート(非常勤)は随時受付しております。

採用試験:

一時試験は令和元年7月13日(土)受付8:45~9:00に行います。一次試験の合否通知文書は、7月16日に郵送。

・二次試験面接は、一時合格者のみ7月20日(土)受付9:45~、試験は10:00開始。(※但し受験者多数の場合は予定を変更させていただく場合もあります。)

試験内容:

❶保育士:一般教養、本園の教育内容について作文、描画(2~4B鉛筆)とピアノ※2と律動(体操)アピールの場※3

❷子育て支援員(栄養士):一般教養、本園の教育内容について作文、描画(2~4B鉛筆)と調理実演(包丁さばき他当日発表)とアピールの場※3

※2では①課題曲『肩車』(肩車 肩車 父さんの肩に肩車…)。楽譜希望者は、事前連絡の上取りにお越し下さい。本園ホームページリクルートからダウンロードも可。と②自由曲は楽譜持込可、得意な曲を演奏下さい。

※3アピールの場では全身でご自身の熱意を表現ください。例:パソコンブラインドタッチや楽器演奏、ダンス等etc。

提出書類と締切:

提出書類は⓵履歴書、写真(縦5cm×横4cm)添付のもの ⓶健康診断書 ⓷栄養士または保育士の両免許状の写又は取得見込書 ⓸成績証明書 ⓹推薦状 ⓺合否通知用返信用封筒1枚(宛名記入、普通又は速達切手添付)書類は合否に係わらず返却致しません。書類受付締切は7月11日(木)までです。

受付方法:

持参の方は事前連絡の上、試験の2日までに園に持参ください。・郵送の方は試験の2前必着となるように郵送ください。郵送の方の受験票は、試験当日免許証や学生証等本人確認の上お渡しします。

その他:

学校見学を希望の方は、お電話でお問い合わせの上、お越しください。詳しい採用情報をお知りになりたい方はお気軽にお電話でお問い合わせください。
 インターンシップ制度もございます。本園を知るにはとっても良い機会です。ぜひご活用下さい。本園のホームページを読まれて、私たちの保育(思い)に共感して下さった方、みどりの保育を体験したいと思われた方のお申し込みお待ちしております。


本園で働く先輩の先生たちからのメッセージ

体験学習イメージ

 みどり幼稚園は私の知っている他のどの園よりもすごく熱意がある園だと思います。行事はもちろん普段の保育にも全職員が全力で取り組んでいます。そんな先輩方をいつも見ているので私も自然と子ども達と全力で関わることが出来るようになってきたのではないかと思います。はじめのころは、ついて行く事に必死だった律動も今では子ども達と一緒に汗をかきながら笑顔で出来るようになりました。みどり幼稚園で保育をしていると自分自身も成長出来ていると感じます。
 日々の保育では子ども達との信頼関係も出来てきて、子ども達との関わりが働く意欲にも繋がって、この仕事のやりがいをすごく感じます。あと年中長の子ども達が年少の子ども達にとても優しく接してくれている姿は本当に微笑ましく思います。私も子ども達が優しい気持ちを持てるそんなクラスづくりをこれからの保育で心掛けたいと思っています。

瑞穂(Mizuho-sensei)

 子どもが子どもらしく輝ける幼稚園で子どもたちと楽しいことをたくさんしたいという思いから幼稚園の先生を目指しました。みどり幼稚園の子どもたちを初めて見た時、とても生き生きとした表情で先生と遊んでいて「この幼稚園で働きたいな」と思いました。みどり幼稚園は小規模なので全員の先生が全員の子どものことをよく知っています。何よりも先生が保育に対してとても熱心で子どもに愛情と情熱がある先生ばかりです。子どもも異年齢児との関わりが多く年長さんや年上の子どもは年少さんや年下の子どもに優しくしてくれる子どもが多いです。先生同士も先輩後輩関係なく日々の保育のことを気軽に伝え、相談もしやすい環境です。こんな素敵な職場で大好きな子どもたちと日々過ごせることが本当に嬉しいです。みどり幼稚園は子どもも先生も生き生きと輝ける幼稚園です。

栞(Shiori-sensei)

英語学習イメージ

 みどり幼稚園では春夏秋冬、子どもたちと共に心も体を動かしています。園庭では鬼ごっこや氷鬼で汗をいっぱいかいて走り回ったり、伝承あそびのあ~ぶくたったや花一匁など子どもたちといっしょに、元気をいっぱいもらいながら楽しく遊んでいます。
 夏はプール、秋はなわとびなど子どもたちが精いっぱい頑張る姿はとてもけなげで愛おしいです。私たち保育者が励ましたり、応援したりするとどんどんその気になって上手になっていく子どもたちの姿はとても逞しく輝いています。そしてそんな子ども達の姿をみるとこちらまで逆に励まされ、パワーをもらえるのです。もちろん中にはすぐにできない子どもたちもいます。でもそんな場合は保護者の方にも協力を呼びかけます。教師と保護者が力を合わせて、子どもを共に励まして、なかなかできない課題ができるようになったときの感動は、言葉だけでは言いあらわません。園と家庭が感動を分かち合える。保育者としては最高の瞬間です。
 教室では、みんなで楽しく歌を歌ったり、いろんな絵本や紙芝居の世界に子どもと共に親しみ楽しんでいます。
 毎日子どもたちと触れ合い、笑い合い、時には失敗もし、でもいっしょになって頑張っていろいろなことに挑戦する。幼稚園の先生になって以来、私の毎日は、まさに冒険と新しい発見の連続です。

有哉 (Yuya-sensei)

 私がみどり幼稚園で働こうと思ったのは小規模で全員の先生が自分のクラスの子どもだけでなく、全園児と深く関わることが出来ることです。また、深く関わることが出来るので子どもたちの普段はなかなか見えない部分もたくさん発見することが出来ます。
子どもたちは私が思っている以上にたくさんのことが出来るということに、この園に勤めて本当に良くわかりました。年長児の課題のある保育では、努力を続ければ最初はできなかったことが少しずつ出来るようになることも子どもたちとともに経験しました。それでも中にはなかなかできない子もいます。でもそんな時はいつも、クラスの子どもたちはもちろん、主任の先生や他のクラスの先生方も駆けつけて全力で応援してくれます。そしてその子が出来るようになったときは、みんなで喜びを分かち合います。私も嬉しさのあまり自然とその子を抱きしめていました。この子どもたちのけなげに頑張る姿と目標が達成できた時のあの満面の笑顔、そしてあの達成感を肌で感じられることこそ本園の教諭で良かったと思える瞬間です。
みどり幼稚園働ではどんな時でも先輩の先生方が厳しさの中にも優しく、温かく支えてくださるので今まで1人で悩んだことはありません。いつも一緒になって考えてくださり、どのようにしたらよいのかアドバイスもくださるので毎日が楽しく保育できています。
もし本園のホームページ等を見られて本園の保育に共感できるなと思われた方は是非一度園見学にもお越しください。

恵里 (Eri-sensei)

 昨年の十月からみどり幼稚園で非常勤の教員として働いています。新しい職場に先生たちとうまくやっていけるかな?子ども達は受け入れてくれるかな?と不安と緊張がありましたが、門をくぐると元気いっぱいの子ども達の笑顔、やさしい先生方の対応に一瞬で不安は吹き飛びみどり幼稚園が大好きになりました。
 みどり幼稚園の先生方はやさしいだけでなく、子ども達の成長や保育の充実にまっすぐに誠実に取り組み日々研鑽を重ねています。
 こんなに熱い先生見たことない!
私も先生方の力になれるように縁の下の力持ちとして日々努力の真っ最中です。

敬子(Keiko-sensei)


 みどり幼稚園の特徴は小規模園で、全職員がすべての園児のことをよく知っていることです。一人ひとりの成長を全職員で喜び合ったり、がんばっていることを励ましたりしています。子どもたちもうれしいことがあると、担任だけでなく、他の先生にも報告にいきます。
 子育て(先生と言う職業)は大変なことも沢山ありますが、子どもたちの成長に、私たち保育者が逆に力をもらうことも沢山あります。こんなに毎日、笑ったり、感動したりする職業もなかなかないと思います。そして何より、いろんな思いを一緒に共感できる仲間がいることも、みどり幼稚園ならではのすばらしいところだと思います。
 担任がひとりでがんばるのではなく、支えたり支えあったりしながら、みんなで楽しいことも苦しいことも一緒に乗り越えていく。
 いつも隣には苦労をともにできる仲間がいるから、みんないつも笑顔でいられるのだと思います。
 本園の全職員が本園の保育方針を理解し、共感し、その目標に向かって、同じ思いで保育をしている。ほんとうに恵まれた環境だと日々感謝しています。
 先輩、後輩の枠を越え、誰もが学ぶ姿勢をわすれず、互いに相談しあえる環境があることこそ、私がこれまで長く勤めてこれた理由のひとつだと思います。

八重(Yae-sensei)

 

 私はみどり幼稚園がとても大好きです。園の方針、保育の仕方、園の雰囲気、どれも魅力的です。とても温かい園で、人との繋がり、横との繋がりがとても素晴らしく、職員同士はもちろん園と家庭も互いに助け合い、互いに支えあえる集団です。だからこそ本園の子ども達はのびのび、生き生きと毎日を笑顔で過ごせるのだと思います。
 どんな時でも子どもを一番に考える幼稚園です。園の行事は保護者のため、お客さんのため、先生の自己満足のためにするのではありません。子どもたちのためにするものです。子どもたちが成長し、当日は大好きなお母さんやお父さんの前で子どもたちなりの新たな一歩を踏み出していけるような行事を計画します。そしてその日とその日に至るまでの過程を全力でサポートするのが私たち(先生)の仕事です。
 私はみどり幼稚園に就職して褒めることの大切さを学びました。褒めることで子どもがどんどん成長する姿を見てきました。そしてなによりみどり幼稚園で働いてもっと子どもが好きになりました。

 七生 (Nanami-sensei )